AGAって遺伝の問題?薄毛になったらもう諦めるしかないの? | 薄毛治療沖縄|AGAにお悩みでしたら今スグご確認ください!

AGAって遺伝の問題?薄毛になったらもう諦めるしかないの?

AGAは本当に遺伝するもの?実際のところどうなの?

男性ホルモンであるテストステロンが酵素(5αリダクターゼ)と結びついた場合、より強力なDHTという物質になります。

この物質が薄毛の原因になってしまうため、5αリダクターゼを抑えることが薄毛の改善に効果的とされています。

ハゲになりやすいかどうかというのは検査によって判断することができます。

DHTの感受性が高い人はハゲになりやすく、DHTの感受性が低い人はハゲになりにくいとされています。

将来的にハゲてしまうのかどうかを知りたい人も多いでしょう。しかし、ハゲになりにくいという検査結果が出てもそれを完全に信じてしまうのは良くありません。

乱れた生活習慣のもと生活していたり、抜け毛が極端に増えてきたにもかかわらず、その状態を放置して治療が遅れてしまったらハゲてしまうこともあります。

きちんと対策を行っていくようにしましょう。また、遺伝以外にもハゲる原因はあると知っておくことが大切です。

AGAに関係した遺伝子が存在する…!?

AGAは髪の毛の成長サイクルを乱すDHTという物質によって引き起こされることが分かっています。このDHTがたくさん生成されてしまった場合、髪の毛がしっかり育たなくなってしまいますし、薄毛が目立つようになってしまうのです。

DHTは髪の毛の細胞にあるアンドロゲンレセプターにくっつき、働きかけることで髪の毛の生産を減少させることになります。

そのため、DHTがくっつくアンドロゲンレセプターが敏感であるほどAGAを発症しやすくなるのです。

ちなみに、このレセプターの感度は遺伝によって決まってくると言われています。

また、DHTはテストステロンという男性ホルモンが頭皮にある酵素と結びつくことで発生します。そのため酵素がよく働く人ほどAGAになりやすいことも分かっています。この酵素が分泌される量も遺伝による影響があると考えられています。

自分がAGAを発症した原因が遺伝によるものだとしたら…絶望的?

ここまで記してきた通り、薄毛には遺伝要素もあるのですが、両親が薄毛だからといって諦めるのは早いです。

きちんと対策をすれば薄毛を予防できますし、若々しい髪の毛をキープすることができるでしょう。

ハゲやすいかどうかは専門の病院で検査を受けることができます。

薄毛の原因となる遺伝子はアンドロゲンレセプターというものであり、X染色体の中にあるということです。男性は母親からしかX染色体を受け継がないため、ハゲの遺伝子は母親から受け継ぐことになります。

また、ハゲの遺伝子は隔世遺伝することも特徴であり、母方の祖父母がハゲの遺伝子を持っていたら受け継ぐ可能性があるのです。薄毛の原因は男性ホルモンの変化した物質と言われています。

AGAに負けないためには育毛剤や薬によるケアをしっかり行うようにしましょう。

諦めるのはまだ早い!発毛させた実績が豊富なAGA専門病院が存在します

AGAを発症したら諦めるしかないと考えている人もいるかもしれません。しかし、実績が豊富な専門病院なども存在するため、そのようなところで無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

AGA専門病院は本気で薄毛を改善したいという人におすすめであり、専門医が症例に合わせた最適な治療方法を提案してくれるのです。

一般の病院でも治療を受けられることはありますが、髪の毛専門のドクターではありませんし、基本的な治療しかできないことがほとんどです。

AGA専門病院には専門医がいますし、一人一人に最適な治療方法を提案しててくれることや最先端の治療を受けられるというメリットがあります。

デメリットとしてはまだそのような病院は数が少ないということであり、病院選びに失敗しないようにしましょう。

まずは「症例が多い病院を選ぶ」ということがポイントであり、「技術力をきちんとチェックする」ことが大切です。また、費用についてきちんと教えてくれるところなら安心です。



このページの先頭へ