生え際の産毛が増えた…そんなあなたはAGAかも! | 薄毛治療沖縄|AGAにお悩みでしたら今スグご確認ください!

生え際の産毛が増えた…そんなあなたはAGAかも!

生え際の後退や産毛の増加はAGAの症状かも!?

最近生え際が後退してきた、産毛が増えてきた、そんな人はaga(男性型脱毛症)の可能性があります。なぜなら、生え際の後退や産毛の増加はagaの初期症状の1つだからです。

agaによる薄毛は「前頭部の生え際の後退」「頭頂部の薄毛」「前頭部・頭頂部の両方から薄毛が進行する」の3パターン、そのため前頭部の生え際が後退しているとagaの可能性がある訳です。

女性でもagaを発症する可能性はありますが、女性のagaの場合は「生え際の後退」という症状は殆ど見られません。

またagaになると毛髪のヘアサイクルにおける「成長期」の期間が短くなります。「成長期」が短くなることで毛髪が十分に育たず、細く短い産毛のような毛髪が増えるので、産毛の増加がagaの初期症状に数えられるのです。

AGAのチェック方法

agaが発症しているかどうか、自分でチェックすることも可能です。

医師が目視で髪の量や生え際・頭頂部の状態を確認する病院もあります。そのため自分の目でチェックすることで、agaかどうか判断することも可能なのです。

具体的に言うと「生え際が後退した」「髪のボリュームが減った」「抜け毛が増えた」「産毛のような細い髪が増えた」「頭頂部の髪が薄くなった」以上の5つの症状の中で幾つか当てはまる場合は、agaの可能性があります。

またアメリカの医師が示したagaの判断基準に基づくチェック方法もあります。

チェック方法は簡単で、頭頂部と耳の中心を結んだラインと頭頂部に最も近い生え際(こめかみ周辺)との距離を測るだけです。この距離が2cm以下である場合は、agaの疑いがあるとされています。

AGAは適切な対処をすれば改善することも

agaは適切な対処をすれば改善する可能性があります。
これは医療の進歩によってagaで薄毛になるメカニズムの研究が進み、治療法が増えたからです。

agaの治療法はさまざま存在しますが、医学的に効果が確認されているのは外用薬、内服薬(飲み薬)、自毛植毛の3つの治療法です。この3つの治療法は男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて有効性・安全性が認められています。

どの治療法が適切かは、薄毛のタイプや進行度・年齢・症状などで異なるので、クリニックの無料カウンセリングなどを利用して専門家の意見を聞くのが無難です。

注意したいのは現在行われているagaの治療法で期待できるのは、完治ではなく改善である点です。そのため治療を止めてしまうと改善効果が薄れる可能性があります。

まとめ

agaは改善する症状ですが、早期に治療すれば治療の負担を減らすことが可能です。そして早期治療を行うためには生え際の後退や産毛の増加など、agaの初期症状にいち早く気付く必要があります。鏡を見た時などに毛髪をチェックすることで、初期症状に気付きやすくなるでしょう。



このページの先頭へ